花柄日記

ただの日記

続超ライフ

平日仕事帰りに飲む頻度がぐんぐん上がって絶好調です。人間どこにいても基本的な行動はそうそう変わらないもんですね。ひとりでもプラっと行ける場所が2つ3つあればどこでも心健やかに生きて行けるもんなんだなと、実感しております。はい。

 

私の2大オアシスであるビッグリバーとビッグタイム(名前が似てるのはたまたまです)を恋しく思ったりしながらも、こっちにも愛らしい酒飲みたちがたくさんいて安心しています。新宿の酒飲みたちはみな元気そうですね。SNSで動向は常にチェックしながらお酒を飲んでます。

部屋も少しづつ心地よいアイテムを導入して日々アップデートされています。この部屋にした決め手は大きな窓とペンキで塗られた白い壁。壁紙部屋でずっと生活してきた私からすると、ペンキで塗られた壁は憧れであり、疲れ切った日もこの部屋の白い壁を見てれば回復できるということを最近覚えました。ザラザラしてちょっと斑らだったりしてうっとりします。

数年にわたって集めた色々を手放すのはとても勇気のいることだったけど、ほんとうに大事にしていた物のいくつかは友人たちに譲り渡してきたので、花柄のワンピースはあの子に、白い食器棚と食器たちはあの子に。きっとあたらしい主のところで元気にしていることでしょう。私は私でホーチミンで仲良くできそうな可愛い子たちを探し始めました。

部屋づくりが落ち着いたら、自炊生活をとうとうはじめようと計画中です。虫が出たりするのがちょっとなーって思って後回しにしていた自炊問題。大家さんが用意してくれた最低限の鍋やフライパンも新品のまま、もう2ヶ月放置しています。街を歩けばかわいい食器がとても安く売っているし、休みの朝に行く市場で見る色とりどりの野菜やフルーツを少しづつ攻略するのは楽しそう。正直、毎日の夕食を考えるのも面倒なんですね。ささっと蕎麦を茹でてすませたい日の多いこと。(乾麺とめんつゆなんかは近くのファミマやシティマートで普通に買えます)

とりあえず毎日新しい発見が沢山あるので、まだまだ飽きることなく暮らしていけそうです。

広告を非表示にする

超ライフ

気を抜くとすぐに日記が滞りますねぇ・・私。

日本を出発した4月2日が遥か昔の事に思えるくらい、呆れるほど普通に暮らしてます。超日常。超ライフであります。

今ではすっかり得意げな顔でバイクタクシーの後ろに乗って毎朝通勤しています(片道60円くらいなので、やっぱり来てすぐに払った1500円はぼったくられたんだなーという事を改めて・・)

荒い運転に臆することなく、手をぷらんと下に降ろし、ドライバーさんの肩など掴むこともなく、イヤホンで音楽を聴いています。あの日憧れた(ぼったくられた日)涼しげな顔でバイクの後ろに乗る人たちの姿を意識しまくる10分ほどのタンデムライドは修行のようです。

髪もぐちゃぐちゃになるし、バスの後ろについた時なんて涙目で必死に息をとめなくちゃいけないし、のんびり携帯いじることもできないし、車だって十分安いんだけど・・それでもあえてのバイクに乗って出勤しています。あの独特のスリリングさにすっかり虜。会社までの大きな並木道は緑がわっさわっさしていて、気分が良くてうっかり大きく息を吸い込みそうになりますねー。(だめ絶対)

イヤホンをして騒音をシャットアウトして、荒々しく流れる景色を眺めながら風に吹かれていると、人々の生活が垣間みえてきます。毎朝ここはベトナムなんだなーって事を思い出すことができて、なんだかとっても大事な時間です。

それにしてもベトナム人はバイクの後ろでいろんな事をしている。

三つ編みを編んでいる学生の女の子、本を読む人、携帯ゲームに夢中な人、食事をする人、ぐっすりと眠る人、コーヒーを飲む人、子供にミルクを飲ませるママ(←これほんとに危ないから!赤ちゃん用のヘルメットってないのかな・・)なんてゆうか、とにかくバイクの後ろが家状態。ずっと眺めていても飽きないです。面白すぎるこの人たち。

そして、気がつけばカラッカラに晴れていた日々からとーっても長い雨季に突入したようです。一日中雨が降り続けているような事ではなく、ビッカビカに晴れてたと思ったら突然ザーザーの豪雨に一瞬で様変わりする感じ。東京の梅雨を考えると潔くていい感じです。

長い旅のお供にと、友達がプレゼントしてくれたゴキゲンな花柄傘を毎日リュックに忍ばせていますが、傘さす余裕もないくらいの勢いです。

 

ちょこちょことホーチミン旅行の連絡が来ていて嬉しいです。そのために美味しいお店探し一生懸命してます♡

広告を非表示にする

暇の極みの

世の中はゴールデンウィークすねぇ。ベトナムも一応4連休がありました。ってこれまで仕事柄そんなに分かりやすく羽伸ばして大型連休を満喫したことがない私ですが、こっちにきて仕事するまでの2週間がまず大型連休すぎて伸ばせる羽は全部伸ばしてしまったので、この度の4連休は完全に持て余してました笑

でも調べによるとベトナム連休少ないらしい問題

ベトナムでは、 国が定めた祝日が年間たったの10日間しかありません。 そのうち半分の5日間はテトの祝日。一般的に企業の夏休みはなく、大型連休はテトしかないため、ベトナムに住む外国人はだいたいこの時に母国へ一時帰国します。

 

とのこと。そうかそうなのか。2018年のテトと呼ばれる旧正月はマスト日本東京新宿で浴びるほどお酒を飲もうと決めました。って随分先なので一刻も早く誰か遊びに来てください。

とにかくこの度の4連休、暇の極みを味わい尽くしました。暇すぎて最後にはイラレを開いて自画像を描く始末。。自分で描いて自分に見えるなとニヤニヤしてました(連休狂い)連休を知ったのが直前すぎて近隣国への航空券も高いし・・とりあえず急遽思いついたプランの色々全部を諦めてホーチミンを歩きまくってました。普段より車もバイクも人も少なくて静か。歩くには最適。

1日目は職場の先輩にお付き合いいただいて、ずっと行きたかった2区というエリアを散策。外国人がたくさん住んでるらしく、パリに行ったことはないけど東洋のパリ感じました。夜はそのまま先輩と餃子を買い込んでボス宅にお邪魔していいちこを飲む。残りの3日間は朝起きて歩いてスパ行って歩いて帰宅して朝寝。歩いてお昼食べに行って歩いて帰宅して昼寝。歩いてマッサージ行って歩いて帰宅して夕寝。あとはエンドレスyoutube。これを繰り返してました。ある意味最高の休日だったような。。

 

改めてyoutubeって今世紀最大の発明ですね。テレビをつけても見れるものはないので、youtubeとべったりです。今youtubeを没収されたら息ができないと思います。どこでもドアには敵わないけど確実にタケコプターより使えるyoutube。今更youtubeを熱く語る人もなんなので、これくらいにしときますyoutube愛の話は。

あれこれみるも結局はMVをひたすら見る時間に突入して抜け出せないですね。昔初めて家にスカパーが導入されて夜な夜な夢中でMTVやスペシャを見ていた少女時代を思い出しますな。左下に頻繁にクレジットされるSEPが何をしている会社かも分からずにSEPの人になりたいと思っていました(※MVとかたくさん作ってる制作会社ですね大人になって知りました)ISDNで繋がれたデカイPCでMTVやスペシャの公式サイトに掲載されてるどのMVが何時に流れるかのタイムテーブルをメモして、初出しMVを見ることに命をかけていた少女がここに。ひとり遊びの中身が全然変わってない・・。少女に幸あれ

広告を非表示にする

天然生活

もうすぐホーチミンにきて1ヶ月。毎日が冒険から日常に移り変わってきました。

街にも少しずつ慣れてきて、自分の部屋に帰ると心底安心する、仕事も頑張りたい、さぁここからだなーっていう気持ちだったりしますね。はい。

 

そして心新たに丁寧な生活をしたいという気持ち。

ついに「天然生活」(をはじめとするナチュラル系ライフスタイル雑誌)への憎悪と憧れの気持ちに決着をつける日々が始まるわけです。「実際あんな生活するの無理だからマジで」「何が天然生活だよナチュラル装備したブランド志向なだけじゃん」そんなに文句があるならば、視界に入れなきゃいいし、手に取らなきゃいいし、存在自体を無視すればいいのに、それはできない。だって素敵なんだもん!!憧れちゃうんだもん!!

天然生活(総称)を前にすると私はいつも混乱するのであります。結局は天然生活に登場するのはプロの天然生活者たちであり、天然生活を天然生活とはかけ離れた暮らしの中で読む敗北感。あれがたまらなく嫌です。でも手に取ってしまう。煙草を吸いながら天然生活読むなんて多分失格だし。そして根本的に私のような精神構造では一生かかっても本物の天然生活を手に入れることは出来ないだろうなと自分で分かっているから余計辛いのです。

でも日々は修行ですから、今日から私は天然生活をバイブルに(手元にありませんが)とターシャテューダーを神設定して、己はダイエット戦士として生きる。無理はしないけど(正しくは出来ない)でもまぁ書くだけ書いてやるだけやってダメだった時には、その時の状況を引くぐらい愛でればいいと思うわけです。便利な言葉「逆に」を乱用。「逆に幸せ」「逆によかった」「逆にすごい」「逆に面白い」なんだって自己肯定できれば幸せだって事ですね。でもまだ今は自己肯定出来ないことが多すぎるから修行を。出来ないと思うことには果敢に向かっていってやるだけやって大人しく結果を受け止めればいいと心の師匠がいつか言っていました。私には融通守りもついてるし。

 

広告を非表示にする

ZARA問題

月曜初出勤してから、あっとゆうまに金曜日。早すぎる今週でした。仕事はまだ始まっているとも言えない状態なので、頼まれた資料を作ったり、これから先のプロジェクトの打合せに同席したり。知らないことが沢山で脳みそがブルブルと動いて気持ちいいなぁなんて思いながら1日が終わっていきます。帰宅してからも英語の勉強!ベトナム語の勉強!って言ってる暇もないくらい、知らない仕事上の専門用語(日本語)や機関名とかが登場しまくるので、メモったそれをおさらいしているだけで、夜はふけていきます。

全然知らない業界ではないにしても、ベトナムベトナム人と仕事をするってことや、ここで仕事を進行していくという事が未知数すぎて、ビビる気にもならないのが正直なところです。でーんと構えて、その時(トラブル)を待つしかありませんからね。

 

そんなことよりZARA問題です。

まず、基本的にスタイルいいベトナムガールズたちなわけですが・・会社の女の子にホーチミンにもZARAができたんですよ!と教えてもらい、あぁ〜どこで服買おうかなーちょっと好みじゃないんだよなー・・と困っていたところだったので、ZARAがあればとりあえずは困らないぞ!と早速行ってきました。とりあえず店内に足を踏み入れて何だか慣れ親しんだその雰囲気に一瞬気持ちは落ち着いたわけですが、あることに気がつきました。サイズがXS/S/Mしかない。これのLはあるかと店員に聞くと。首を横に・・。これは?これは?とあれこれ指差して聞いても若干目を閉じながら首は横に・・。遠くの方ではおそらく観光客であろう欧米人の女性2人組が同じことをしてました。

そうかそういう事か・・ZARAvietnamはそもそもLを仕入れていないわけですね。強気だなおい。分かりましたよ。Mまでしか置いてないというわけですね。まぁそりゃ「お前が痩せりゃいいじゃん」という遠くからの声が聞こえてこないわけではありませんが、今ここでそんな事を脳内討論しても埒があかないので、オーバーサイズで着るだろう服をジャストサイズで着るという作戦に変え、仕事用に3着買って帰宅しました。別にいいけどさ、タイトなデザインのものだけでもL入れたらいいのにとブツブツと言いながらレジ前にふてくされて立っていたのは私です。売れないんだろうな単純に・・。

ベトナムに来たら勝手に痩せるんじゃないだろうかという淡い期待はもう捨てなければ、汗は毎日たっぷりかいているしお酒は随分と量が減ったので、怒涛の送別ラッシュで常に顔がむくんだ先月のあれからは多少脱出したような。視界が広いです。でも基本的には何もかわってません。安心安定の私のままです。はい。

思いがけずホーチミンZARAにて戦いの火蓋は切って落とされました。今日からヘルシーなダイエット戦士として生きていきます。

広告を非表示にする

花園神社の

ホーチミンにきて2週間経ちました。もうすでに放置気味の日記です・・。

ちょっと奇跡みたいな展開が色々ありまして(そこを詳しく書けよって感じですが・・まぁ内緒です)無事、仕事が見つかりました!仕事なんて選ばないで、なんだってやるんだ!と決めてベトナムに来て、仕事を探していました。そんな中、限りなく理想に近い仕事が出来ることになりまして、なんてゆうか第一関門突破したような気分です。安心してられないですが、まぁ一安心です。

ここで秘密をひとつ・・。

東京は新宿 花園神社で初詣に自分用に買った『花園神社融通守』これが効いてんなーと思う場面が今年に入ってから頻繁にあるわけです。まぁ、冷静に考えたら「お願い!融通きかせて!涙!」っていう場面が多すぎるこの4ヶ月でもあったわけですが・・。近しい友達にはこの融通守りの効果をビンビン感じると、ポロポロ話していました。ちょっとこれマジですごい効き目ですよ。

なんだろうな、こうやって文字にするとインチキ臭さがハンパないですが・・

とにかく周りの支えと理解があり、自分のありえない決断があり、ここにいるわけです。でもこの融通守り無くしては今頃、道に倒れて誰かの名を呼んでいたかもしれません・・。そう思えてならないのです。

ってやっぱりこうやって書くと臭さが増しますね・・。でも花園神社から私へのマージンなんてはいりませんし、融通守りは花園神社で一番安いお守りです。300円!(今調べたので間違いありません)

確かに、お守りなんていらないな〜って思いながら、まぁ300円だし買っとくかと思って買った記憶があります。とにかく、ひとつ持ってて損はありませんよ。そこのあなた!だって300円で融通きくなら安いもんでしょ。今時300円で出来ることなんて限られてますよ。ローカルな食堂でのフォーなら2杯たべれますね。

 

仕事の色々はまた今度書きます。オフィスはお洒落なカフェみたいでゴキゲンです。一緒に働く日本人チームの皆様もこざっぱりしていていい感じです。今日はチームの皆様とお昼に行って色々話を聞きました。ベトナム人と働くことの大変さは皆様の話しぶりから重々伝わってきて、今からちょっと震えています。まぁ何事も経験と思って、融通守りを握りしめ、頑張れるだけ頑張ろうと思います。

 

広告を非表示にする

10日ぶりのお酒

もう、毎日暑くて溶けてしまう。

こっちにきて1週間は、どうして?何で?ってくらい知り合えなかった日本人。ここ数日は芋づる式に日本人に出会い、いろんな話を聞いたりしています。生の声ってすごく為になるなぁと思ったり。英語もベトナム語も明るくない私にとっては、疑問をひとつひとつ日本語で質問して解消できるだけでも、ありがたーい気持ちになります。

何となく近寄らないでいた日本人街にもついに潜入。そこは笑っちゃうくらい日本でした。狭いエリアの中にラーメン屋と和食屋と居酒屋とバーがひしめき合っていて、みんな知り合いみたいに声をかけ合っていて、あれはもう村ですね。若い女子からおっちゃんまでホーチミンで暮らす日本人が集まるコミュニティーがしっかりと出来上がっていました。

紹介してもらった一軒のバーを訪ねたら、あとは人から人に紹介されまくり。得意の「たまちゃんです」を一晩でこんなに言った事はないなってくらい言っていました。あまりにそこに溶け込みすぎたので、慌てて帰宅。

だって、ここに日々通うようになったら、それは何か違うような。びっくりするくらい人も暖かくて、居心地が良くて・・だからこそ、ほどほどにしようと肝に命じました。

私がここに来てやるべき事なんてよく分からないけど、多分のんべえ生活をすることではないって事くらいは分かるので。それはもっとお酒が必要になってからにします(仕事をしていりゃお酒は明日への活力だから必要ですね。今は汗かいて水飲んでりゃ十分いい気分です)

でも安心して飲める場所で、久しぶりにお酒を飲んで(実に10日ぶり!)

帰りはいい気分で歌を歌いながら20分歩いて帰宅。よっぱらって夜風に吹かれて歩いていたら、新宿でお酒を沢山飲んでる人々のことを思い出してちょっとセンチメンタルになったような(よく覚えていない・・)

 

 

 

 

広告を非表示にする